はじめまして。
ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
私どもは家族信託®/民事信託をメイン業務にしております。

私は学生時代に塾講師・家庭教師を経験し、人に教えることが好きで、悩みごとの相談を受けたりすることで、誰かの役に立つことにやりがいを感じていました。

相続に関心を持つようになったきっかけは、おひとり様だった知人が突然亡くなってしまい、遺言書が無く法定相続人もいなかったため、財産のすべてが国庫に没収されることになってしまったことです。
法定相続人はいなかったものの、仲の良かったいとこがいたので、生前に家族信託などの対策を取っていたら、いとこやお世話になった人に財産を引き継ぐことができたはずです。

人が亡くなると、役所への届け出や公共料金・携帯電話の解約などやらなければならないことがたくさんあるうえに、葬儀や火葬の手続きや費用などの支出もありますが、銀行口座は凍結されているため故人の財産からは支払えません。
そもそも口座番号や暗証番号がわからないのです。

それに財産がただ没収されただけではなく、不動産等については、残された親戚などが不動産を売却しなければならず、売却した現金で国庫に納めなければならないのです。

この出来事で生前の対策がいかに重要であるかを強く確信し、多くの方々に知ってもらう活動をしようと、法律家になることを決意しました。

その間に、家族信託®/民事信託に出会い、従来の制度ではできない部分を補うことが可能になり、より多くのお困りごとが解決できるようになることを知りました。

一人でも多くの方のお役に立てるよう、ご支援させていただきます。
心配ごと・お困りごとがございましたら、ぜひご相談ください。